読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメコミとアナログゲームの話

アメコミとアナログゲームの話をします。アメコミのアナログゲームの話もします。

『レジェンダリー』の紹介 ヒーロー編⑪ ローグ

Legendary: A Marvel Deck Building Game ボードゲーム レジェンダリー基本セット

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンが初期不良でがっくりきている@tottoko_osです。

電子機器の初期不良は初めてだなぁ。そしてメーカーと販売店の狭間で振り回されるのがまた煩わしく……。

 

とまあ全く関係ない話を置いといて、本日は映画X-メンの初期ヒロイン、好きな人とあんな事やこんなことが出来ないのが悩みの豪傑女子です。

ローグ

f:id:tottoko_os:20150403072139j:plain

STEAL ABILITIES 

Each player discards the top card of their deck. Play a copy of each of those cards.

各プレイヤーはデッキの一番上のカードを捨て札にする。それらカードをそれぞれコピーしてプレイする。

f:id:tottoko_os:20150403072252j:plain

COPY POWERS

Play this card as a copy of another Hero you played this turn. This card is both Covert and the color you copy.

このターンにプレイした他のヒーローカードをコピーしたものとして、このカードをプレイする。このカードの色は[赤]とコピーしたカードの色、両方として扱う。

f:id:tottoko_os:20150403072453j:plain

BORROWED BRAWN

Strength: You get +3 Attack.

緑:戦闘力+3を得る。

f:id:tottoko_os:20150403072620j:plain

ENERGY DRAIN

Covert: You may KO a card from your hand or discard pile. If you do, you get +1 Recruit.

赤:あなたは手札か捨て札からカードを1枚KOしてもよい。そうしたならば、魅力値+1を得る。

 

テキスト長めのローグです。後ろで吸われてるシングさんがかわいい。

コピー系はルールを複雑にしがちですが、もしかしたらガンビットよりもギャンブル性が高く面白い能力に仕上がっています。

そんなレアカード【STEAL ABILITIES】ですが、現状他のプレイヤーのデッキトップを操るにはガンビットの【HYPNOTIC CHARM】か特定のヴィランを倒すほかありません。【HYPNOTIC CHARM】もその能力の起動に黄色のカードが必要なアンコモンなので、狙って高い戦闘力を出すのは難しいでしょう。

「各プレイヤー」なので自分のデッキトップも捨ててコピーすることをお忘れなく。自分のデッキトップを弄れるカードはそこそこ多いため、多少は調整できるかもしれません。

その辺りのことを加味しても、一発逆転する爆発力には期待できます。

補足ですが、サイクロップスの【OPTIC BLAST】などをコピーする際は、捨て札がないとプレイ出来ないこともあるでしょう。

更に補足ですが、コピーしたヒーローをどの順番で使うか明記がありません。このコピー能力は一度手札に入ったかのようにプレイするようなので、好きな順番で構わないようです。もしキャプテンサイクのレアカードが出た時は、後ろに回すなどすると戦闘力が上がるでしょう。

【COPY POWERS】はそのセルフ版ですね。アイアンマンやウルヴァリンなどの自身の色を能力の起動アイコンにしているカードと相性がいいでしょう。汎用性は高いですが、デッキの圧縮が進んでいないと、結局はシールド職員のコピーに終わってしまうので、【ENERGY DRAIN】で積極的にKOしていきましょう。

【BORROWED BRAWN】はハルクデッキの補強に最適です。

 

自己補完も出来ているし、ブラックウィドウやハルクとの相性も抜群。そしてレアカードはとんでもない数字を叩き出す可能性を秘めています。

ヒーローデッキに入っていたら計画的に取り入れたいですね。

 

さて次回は皆さまお待ちかね、あなたの親愛なる隣人スパイダーマンです。

スパイディデッキの気持ちよさはやった人じゃないとわからない、しかしそれほど強くない感じを全力でフォローします!

それでは。

 

ローグの理解がすすむ関連商品。あんまり無いですね。日本ではマイナーだろうし。