読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメコミとアナログゲームの話

アメコミとアナログゲームの話をします。アメコミのアナログゲームの話もします。

『レジェンダリー』の紹介 ヴィラン編① ヘンチマンヴィラン

GWが終わり心が彷徨っている@tottoko_osです。

ゲームマーケットで手に入れたゲームのレビューなんかもそのうち記事にできればと思います。はぁ…。

 

さて、今回からヴィラン編に入ります。

まず今回ご紹介の「ヘンチマン」は通常のヴィラングループとは違い、全て同じカードで構成された10枚1セットの雑魚キャラです。1番出やすいヴィランとも言えます。

基本セットの4種は全て戦闘力3で統一されており、初期デッキでも手札次第で倒せるのが特徴です。

倒せるヴィランは倒せ、が基本のこのゲームですが、ヘンチマンに関しては戦闘後の効果に有益なものが多く、序盤は積極的に倒していくのがベターでしょう。

 

それでは各カードの解説です。ほとんど解説いりませんが。

f:id:tottoko_os:20150502102026j:image

DOOMBOT LEGION
Fight: Look at the top two cards of your deck. KO one of them and put the other back.
戦闘後:あなたのデッキの上から2枚を見る。そのうち1枚をKOし、残りの1枚をデッキに戻す。

ラトベリアの臣民にしてドゥームのコピーロボットです。

基本セットのヘンチマンでも1番ランダム性が高く、中盤以降はめくってみたら両方ヒーローだった、何てこともあります。序盤ならデッキ内がほとんどシールド職員だと思うので、フューリーデッキでも無い限りガンガン倒していきましょう。

戦う前にガンビットの【STACK THE DECK】で調整、なんて出来るようになると初心者を脱した感があります。

 

では次。

f:id:tottoko_os:20150502102130j:image

HAND NINJAS
Fight: You get +1 Recruit.
戦闘後:あなたは+1魅力値を得る。

ザ・ハンドという、典型的なアメリカン思考ニンジャです。

倒して魅力値が付くので、お買い物は後にしましょう。序盤でこいつを倒せるということは、あまり高コストのお買い物は期待出来ないのですが、中盤以降にあと1点足りないときなども重宝する良ヘンチマンです。

 

では次。

f:id:tottoko_os:20150502102302j:image

SAVAGE LAND MUTATES
Fight: When you draw a new hand of cards at the end of this turn, draw an extra card.
戦闘後:このターンの終りに新たな手札を引くとき、追加のカードを1枚引く。

シークレットインベージョンの最終決戦地にも選ばれた南極にある人工ミュータントの王国、サベッジランドの住民たちです。プテラノドンのやつ、ソウロンでしたっけ?なんだかすごい印象に残っています。

追加カード1枚は序盤の高コストカード購入に大きく寄与します。積極的に討伐しましょう。

 

では次。

f:id:tottoko_os:20150502102413j:image

SENTINEL
Fight: KO one of your Heroes.
戦闘後:あなたのヒーローを1枚KOする。

ミュータント撲滅兵器センチネルです。フューチャー&パストのやつほど強くはなさそうですね。

繰り返しになりますが、デッキの不要カード圧縮はじわじわ効いてきます。倒しましょう。

ちなみに「あなたのヒーロー」と表記の場合は、既に使用したカードも手札に残っているカードも含みます。買い物などあれば先に済ませてからKOしましょう。

 

ヘンチマン解説楽!

今までで最短の作成時間でした。

次回からはヴィラングループの解説に入ります。

まずはマグニートー様の組織するブラザーフッドから。シャガーノートやセイバートゥースなんてボスでも良さそうな豪華メンバーです。

それでは。

 

映画及びセンチネル関連商品 (ちょっとヤケ)