読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメコミとアナログゲームの話

アメコミとアナログゲームの話をします。アメコミのアナログゲームの話もします。

『レジェンダリー』の紹介 ヴィラン編③ エネミーズオブアスガルド

衣替え、はじめました。

先日羽毛布団を干して片付け、こたつ布団をコインランドリーで洗ってきた@tottoko_osです。

積年の汚れが取れた気がします。ほっこり。

 

気を取り直して、今回はアスガルドの強敵たちをご紹介。

では早速どうぞ。 

f:id:tottoko_os:20150509205101j:plain

DESTROYER

Fight: KO all your S.H.I.E.L.D. Heroes.  

Escape: Each player KOs two of their Heroes.

戦闘後:あなたの[シールド]ヒーローをすべてKOする。

逃亡時:各プレイヤーはヒーローを2枚KOする。 

原作では最強クラスのヴィラン、デストロイヤーです。レッドスカルと同等の戦闘力を持ち、マスターマインドと同等の勝利点を持ちます。そしてこのグループに1枚しかいません。

戦闘後の効果はデストロイヤーが倒せる後半においてはご褒美でしょう。もちろんフューリーデッキで戦ってはいけません。本文の「すべて」には、このターンの手札とプレイしたヒーロー両方を含みます。捨て札やデッキは含まれません。

逃亡時の効果は厄介ですが、序盤に現れたら手の施しようがないので、ラッキーと思ってシールド職員を削りましょう。

では次。

f:id:tottoko_os:20150509205606j:plain

ENCHANTRESS

Fight: Draw three cards.

戦闘後:カードを3枚引く。

ご褒美中のご褒美、 3枚ドローです。エンチャントレスを倒した後にもう1名ヴィランが倒せるかもしれません。使用した戦闘力や魅力値の計算を間違えないように、みんなで確認するのがマナーでしょう。

では次。

 f:id:tottoko_os:20150510104522j:plain

FROST GIANT

Fight: Each player reveals a Ranged Hero or gains a Wound.  

Escape: Same effect.

戦闘後:各プレイヤーは[青]ヒーローを公開するか負傷カードを得る。

逃亡時:上記と同様。

集めているヒーローによってはやや厄介です。デストロイヤーの煽りを食らってかグループに3枚入っているので出る可能性が高いのもありますが、このゲームの負傷カードは自己処理できるので逃げられる前に倒すのが正解でしょう。

では次。

f:id:tottoko_os:20150510104656j:plain

YMIR, FROST GIANT KING

Ambush: Each player reveals a Ranged Hero or gains a Wound.

Fight: Choose a player: That player KOs any number of Wounds from their hand and discard pile.

登場時:各プレイヤーは[青]ヒーローを公開するか負傷カードを得る。

戦闘後:プレイヤーを一人選ぶ。選ばれたプレイヤーは手札と捨て札から何枚でも負傷カードをKOする。

 キングがつきました。というか原初の巨人まで登場するのですからマーベル世界の懐は広いです。

さすがにキングだけあって登場時から負傷カードをバラ撒きやがります。しかし戦闘後には負傷を回復します。大概、自分を選ぶことになるでしょう。フロストジャイアントで受けた傷もキングで回復する、そんな流れが理想的ですね。

 

ここまで読んでお分かりの通り、今回のヴィラン、よくわかっていません。恐らく『ソー』誌に登場するものと思われますが、まだ翻訳を含めて一冊も読んだことがないんですよね。勉強しておきます。

ゲームとしてはなかなかの強敵揃いです。半分以上が戦闘力6以上ですし、序盤に戦えるフロストジャイアントも負傷カードのおまけ付き。ゲームの難易度を少し釣り上げる相手としては最適でしょう。

 

さて次は映画でも大活躍予定の秘密結社、ヒドラの登場です。

結社としての強固な繋がりをお届け出来るかと思います。

ではまた。

 

リンクを貼る前にお前が読め、とは正論です。