読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメコミとアナログゲームの話

アメコミとアナログゲームの話をします。アメコミのアナログゲームの話もします。

『レジェンダリー』の紹介 ヒーロー編②キャプテン・アメリカ

Legendary: A Marvel Deck Building Game ボードゲーム レジェンダリー基本セット

今年の花見は今週末か来週かで非常に悩ましい@tottoko_osです。

椅子とビールとおつまみ持って川辺に陣取る予定。セブンの唐揚げクオリティが下がったって本当ですかね?

 

さて、今回はキャップことキャプテン・アメリカです。

映画『ウィンターソルジャー』のキャップはほんとカッコよかったですね。 

では早速カード訳です。

 

キャプテン・アメリカ

f:id:tottoko_os:20150324184642j:plain

A DAY UNLIKE ANY OTHER

Avengers:You get +3 Attack for each other Avenger Hero you played this turn.

アベンジャーズ:このターンにプレイした他の[アベンジャーズ]ヒーロー1名につき戦闘力+3を得る。

 

f:id:tottoko_os:20150324185215j:plain

DIVING BLOCK

If you would gain a Wound, you may reveal this card and draw a card instead.

あなたが負傷カードを獲得する時、その代わりにこのカードを公開して、カードを1枚引いてもよい。

f:id:tottoko_os:20150324185320j:plain

PERFECT TEAMWORK

You get +1 Attack for each color of Hero you have.

あなたが持つヒーローの色1種類につき戦闘力+1を得る。 

f:id:tottoko_os:20150324185449j:plain

AVENGERS ASSEMBLE!

You get +1 Recruit for each color of Hero you have.

あなたが持つヒーローの色1種類につき魅力値+1を得る。

 

今回も新要素が出てきました。

【A DAY UNLIKE ANY OTHER】にあるアベンジャーズのシンボルです。

勘のいい方ならもうお気づきだとは思いますが、ヒーローカードはチームでも分類されます。

左上のマークがそれです。

f:id:tottoko_os:20150324222152p:plain

前回のブラックウィドウもチームとしてはアベンジャーズに属していました。

そして本文中にこのシンボルと:が書かれているときは、

「このカードを使う前にこのチームのカードが出していたら:」

という意味になります。

あとは前回の属性と一緒です。

【A DAY UNLIKE ANY OTHER】で言えば、

「このカードの前にアベンジャーズヒーローが出していたら:(以下略)」

となります。

ちなみに基本セットにはチームとして「X-メン」「シールド」「スパイダーフレンズ」がありますが、スパイダーフレンズは残念ながら今のところスパイダーマンだけですし(後の拡張セットで追加されます)、デッドプールは珍しい無所属のキャラです。

 

では個々のカードの解説を。

とにかくキャップはアベンジャーズのリーダーらしく、どんなキャラとも相性がいいです。

キャップをメインに据える場合は出来るだけ多くの色のカードを集めることをおすすめします。出来ればアベンジャーズチームのキャラが望ましいです。

 前回も軽く触れましたが、シールド職員も灰色という色に含まれますので、【PERFECT TEAMWORK】【AVENGERS ASSEMBLE!】では最大6点の戦闘力、または魅力値がつきます。

【DIVING BLOCK】の効果は負傷カードを獲得するとき手札になければ発揮されません。しかし戦闘力は4点と十分あるカードなので、運良く防げたらいいな、程度にデッキに入れればいいでしょう。

そして何よりも【A DAY UNLIKE ANY OTHER】は強力で、上手く2,3枚のアベンジャーズチームのカードが先に出せれば、マスターマインドとおまけにヴィランの1,2体倒すことも夢じゃありません。キャップデッキを作るなら確実に手に入れたい1枚です。

あ、「プレイした」という言葉が出たら、「使った」程度のニュアンスで捉えて下さい。今後も何度か出るのですが、なかなか統一して訳しづらい語なので、カードゲーム用語でよく使われる「プレイする」という言葉で訳させてもらいました。

閑話休題。

先程も書きましたがどのカードとも比較的相性が良いため、他に欲しいヒーローが無ければ安心してデッキに入れていいカードです。是非あなたなりのアベンジャーズを作って下さい。

 

それでは次回はもう一人のリーダー「サイクロップス」の出番です。

こちらもリーダーらしい能力ながら、意思にそぐわない奴らは切り捨てる堅物らしい感じが出ています。

ではまた。

 

キャップがわかる作品達